大阪・京都中国語教室-博識中国(中国語会話・新HSK,中国語検定対策・ビジネス会話)大阪,都島,梅田,高槻,京都,宇治,四条烏丸,伏見,滋賀,大津から便利なスクール

検定試験対策コース

トップページ > 中国語コース案内 > 新HSK・中国語検定試験対策コース

新HSK・中国語検定試験対策コース

目標級:新HSK1級、2級、3級、4級、5級、6級

使用教材:模擬試験問題集

新HSKとは、中国の教育部(日本の文部科学省に相当)が認めている中国語のレベル認定試験です。中国への留学、または中国で就職を考えている方はこちらの試験の方がお勧めです。
試験は筆記(1〜6級)と口試(初級、中級、上級)があります。独立した試験なので筆記か口試どちらか1つを受験することも可能です。また旧HSKでは、1級〜8級まで同じ問題でしたが、新HSKでは1級〜6級までそれぞれ別々の問題になり、初級レベルの方でも受けやすくなりました。
博識中国の新HSK対策コースは新HSKの全級筆記の対策コースです。模擬問題集を使って、試験のポイントをわかりやすく解説します。


目標級:中国語検定試験準4級、4級、3級、2級、準1級、1級

使用教材:検定試験過去問、模擬試験問題

中国語検定試験は、1981年〜実施されている日本では最大規模の中国語能力認定試験です。レベルは準4級〜1級、ビジネスまであり、試験問題はそれぞれ独立しています。また併願も可能です。試験時間も比較的余裕があり、且つリスニングの問題を2回言ってくれるなど新HSKに比べると落ち着いて受験できる試験です。
このコースでは、過去問をたくさん解いていくことにより、試験の傾向をつかんでいきます。